「スポンサーリンク」
     
     
     
   
     
     
 


 


 

   
     
     
 



ハナショウブ

 

 
   

 

 
 

2019年11月20日水曜日

神奈川県三浦半島の古民家風の田舎暮らし物件で家庭菜園を耕していた時にふと思い付いたブログ川柳❕❓✨(№3)

神奈川県三浦半島の古民家風の田舎暮らし物件で家庭菜園を耕しながら、有料老人ホームへ入所されているご老人たちは毎日楽しく過ごされておられるだろうか❓とか、虐待など受けておられないだろうか❓とか、これから古民家物件などを探す気力があるだろうか❓とか、もしも、これから古民家物件などを探す気力があるのであれば、田舎の農家風の古民家物件は無いかも知れないが、三浦半島あたりが良いと思うけどなあ❕とか色々考えていたら、ふと町おこしや村おこしで成功しそうな具体的な取り組みが脳裏をよぎったので、この機会にこのブログのブログ川柳として発表させていただきたいと思います。



「スポンサーリンク」



以下が、神奈川県三浦半島の古民家風の田舎暮らし物件で家庭菜園を耕していた時にふと思い付いたブログ川柳です❕❓✨


👺🤢😲👩‍🦰👨‍🚒🎅🌻🌺🌸🧝‍♂️🧝‍♀️👸🦁🐻🐵

ヒエ粟で

野鳥呼び寄せ

村おこし

👺🤢😲👩‍🦰👨‍🚒🎅🌻🌺🌸🧝‍♂️🧝‍♀️👸🦁🐻🐵



田舎の道をドライブしながら、幹線道路からそれて少し狭い道に入ってみると、なんとなんと見渡す限りの耕作放棄地

その耕作放棄地へヒマワリやレンゲ、コスモスなどの花の種を蒔いて町おこしや村おこしは現在の定番と言えるが、

ヒエや粟の種を蒔いて町おこしや村おこしはあまり聞かないですよねえ

ただ、花の種を蒔くにしても毎年人手も必要だし、種代もばかになりません

そこで思い付いたのが、ヒエや粟の種を蒔いて野鳥を呼び寄せ、常時野鳥の観察会を開催してはどうかなあ、と思った次第です

ヒエや粟の種蒔は最初の一回だけにして、その後はほったらかしでも毎年かなり生えて来るような気がします

と、思ったのは、自分の家庭菜園に刈り取っても刈り取っても毎年出て来る麦の様な穂を付けた背の高い草がヒエか粟ではないかなあと、思ったからです

見晴らしの良い所に双眼鏡を備えた洒落たカフェでも造り、来訪された野鳥好きのお客様にのんびりと野鳥の観察をやってもらったらいかがでしょう❕❓✨

では、では❕❓✨


0 件のコメント:

コメントを投稿